catch what the world says.時間はあるようでない。ないようである。

前にもこんな記事をアップしたような、、、、。

でもまたそんな気分なのでおつきあいくださいませ。昨日冬至だったからかな。

 

マサチューセッツ工科大学(MIT)のブラッド・スコウ氏によると

時間は流れておらず、むしろ止まっている。相対性理論をもとにすると、現在・過去・未来は同じ時空間に広がっていて、それが散在している状態。なので、流れるという表現は間違い。この解釈のほうがアインシュタインの相対性理論との矛盾がないそうなんです。この理論を簡単に説明すると、過去・現在・未来は全て同じ空間に並存しており、過去が無くなってもいなければ、未来が今存在していないわけでもない。 過去・現在・未来は同時空内に存在する舞台のようなものであり、スポットライトが「今」どこに当たっているかの違いだけ。

 

ある日というよりある瞬間にどこからか降りてくるインスピレーションを気づかないふりや、聞き逃したりしていませんか???

ありえない。とか 自分がそう思うはずがない。と。

 

わたしがよくインスピレーションで感じたことを誰かに話すと大抵は

「・・・・・・・」

「?????????」

な反応。 時折 不思議ちゃん。と言われるゆえんでもあります。

 

でも あえて言ってみたりしています。

特に相手を混乱させよう。とか 困らせよう。とか まして自慢したい。わけでは 決してなくて、ただただ感じたことをそのまま話しているだけ。

同じように感じているひともいるかもしれない。

それは話してみないとわかりようがない。

 

上記のスポットライト理論を最近見つけた時には、なんというか「あーやっぱり。」と静かに興奮。もう何年も前に 自分なりの感覚で一瞬にして理解したことだったのですから。

その感覚を言葉で説明するのはとてもとても難しいし、いや不可能かな、、、、そのひとそのひとそれぞれが自分で感じて理解するしかないのだと思う。それぞれのタイミングで。しかも。別に同じことを感じる必要もなく、わたしには到底理解できない全く別なことをストンと感じたりしたりしていけばいいのだと。

みんなで同じことを感じよう。と言うことではなく  ただ

どこからか降りてくる経験も記憶も概念も感情も通さない純粋なインスピレーションを掴み取ること

それに意識を向けるだけで世界は少し でも 瞬く 変わってくる。と思う。

 

 

 

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中