we always can do our best. 志 熱く厚く篤く。

花の仕事をはじめて25年。

独立して20年。

 

絶好のチャンスと思われるだろうお仕事の依頼をあっさりと断り(あっさりのつもりはないが相手にはそう感じさせてしまったようです、、、申し訳ないです。)

こうした方がよい!(例えばテントの色を紺ではなく赤!)という諸先輩がたの貴重なありがたい提案にも耳を傾けてもココロは傾けず *最終マジェンタ色に。やはり店が明るくなってよかったなあ。と。ありがとうございます!

流行にも乗らず(乗れず?)

アウトロー的な花やは奇跡の経営を続けてこれました。  すべてはみなさまのおかげさまです。

 

ここにきてそういうタイミングなのでしょうね、周りが色色と動き出してきてわたしも色色お声掛けいただくように。本当にありがたいことです。

「花降る街、仙台」もそのひとつですが

昨日は宮城県内、特に仙台近郊の花屋さんを集めての飲み会にお誘いいただき参加してきました。はじめての試み、ということで主催者の方も参加する側もどんな感じになるのかなーときっとドキドキしていたと思いますが、やはり同じ花を通しての繋がり、すぐに打ち解け楽しいひと時をシェアすることができました。

それぞれに花業界への熱いおもいがあり日々試行錯誤しながらも志を繋げていこうという純粋さは皆さん共通していると感じました。表現方法は違えども花の仕事に情熱を注ぐわたしたちフローリストはこれからの世界に必要不可欠なのだという自負を持って更に精進していきましょう。世界平和を目指して。

歳だけは大手花屋の凄腕社長さんたちを軽く超えてのまさかの(いや、予想通りの)最年長。しめのご挨拶をさせていただいた次第であります。

「奇跡は毎日の軌跡から、、、、」  ← これ 使えますね!

今朝の朝礼で↑これを話すとある社長が、、、。うれしい限りです。

 

うれしい限り。と言えば最高にうれしい言葉を後輩フローリスト2人から。2人は今10年以上のベテランフローリストです。

 

「moonStruckがきっかけで 花の仕事の道を選びました。」

 

くーーーーー。

くー。言葉にできません。感無量。ありがとうございます。

 

写真はそのひとりがmoonStruckからはじめて連れて帰った花
チョコレートコスモス。

 

 

 

 

 

広告

we always can do our best. 志 熱く厚く篤く。」への2件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中