that’s why roses are beautiful.棘がすき。

昨日の記事。

昨日7時間近くかけて(雪と強風と眠気の3大危機を乗り越え)この季節ならではのかわいこちゃんたちを連れてきたから素敵な花をいけるのには違いない。あとは真っさらなわたしでいけるだけ。花たちと一緒だと守られている感じがある。

 

そのかわいこちゃんたちがやってくれましたーーーーー。

素晴らしい花たち。ちょっとどや顔。花がね。

守られながら真っさらでいけた。いけるのは30分もかからない。

準備に1時間30分(仕入れも含めれば何時間??)。パーティは2時間。お片付けに1時間半。

 

その花たちの出番はほんのひととき。

でもそのひとときでその場にいるひとに強烈なインパクトを与える。残す。結ぶ。

 

 

準備を手伝ってくれた助っ人が後からお褒めのメッセージをくれた。

*「すごい 五十 過ぎて あんなの 男でも やらないよ アッパレ」←

同じようなこと前にも言われたなー。

助っ人は男。リスペクトしているフローリスト。

 

あとさき考えずやりたいことに突き進むこと多々。

いばらの道とも知らずに。その最中もいばらの道とも感じずに。例え傷ついても

傷ついたことにも気づかない。

痛みだけがうっすらと残り その理由を知ろうともしない。

 

薔薇の棘

美しいし。 棘がある薔薇がすき。

いばらの道 って案外 いいよ。 むやみにオススメはしないけど。

 

あらゆるいばらの道を切り開き、誰も手がけない新しい創造と取り組め

井深大:1908~1997年。昭和期の実業家。「動くネオン」で、パリ博覧会優秀発明賞受賞。東京通信工業(ソニー)を創立し、社長、会長、名誉会長を歴任。1989年、文化功労賞に指定される。)

 

*の褒め言葉は例えのひとつ。限られた状況下(準備、撤収までを含めての)時間、場所、花材、器、水、安定性、インパクト、体力、、、、、、でのこと。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中