no reason. ココロは求めている。

img_4313「no reason」

2001年コカコーラの広告コピー
いまだに
このコピーには
動揺する。
言葉の力を
改めて思い知るから。
勝手に
ココロが反応するから。

と書いたのは2005.10

それから11年。

今でも 理由なんて要らないの的な感じはとてもすきだ。

性に合っている気がしている。

英語ですきなセンテンスのひとつは

i don’t know whyだし

変わっていないようではあるけれど。

理由のないことなんてひとつもなくて

必ず理由は存在しているから

そこは天にお任せして

理由なんて知らなくていい。と今は感じている。

理由を知ったとして

起きることには何の変更もない。

今まで起きたこともこれから起きることも。

理由は確かにある。だけど

この世界は矛盾に溢れかえっている。

理由を追い求めるより

その瞬間 無性に 突然 どうしても

ココロが求めていることを逃さずにつかみとること

それがわたしたちがいまここに存在する真の理由にたどり着くことになるような。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中