Everything goes well.これでいいのだ。

たとえ今がどんな状況だとして

買ったばかりのコーヒーをひとくちも飲まずに全部こぼしたとしても

あなたの商品はもう必要ではなくなりました。とクライアントにある日

言われたとしても

まだちいさな頃母親がすきな男と家を出て行ったとしてもその母親にそっくりだとしても

20年続けてきた天職に疑問を感じ転職を考え始めたとしても、、、、、、、

 

それらはすべてベストなタイミングで起きていて

完璧なのだ。

起きることが起きる。

わたしたちはお手上げで

これでいいのだーと万歳するかのように空を仰ぎ

宙を仰ぎ  くう をあおぐ。

不覚にも深くひとつ息を吐けば

 

すべてはうまくいっている。

とその空が

歌い始める。

 

 

Exif_JPEG_PICTURE
Exif_JPEG_PICTURE

 

 Every cloud has a silver lining.

 

雲ひとつない青空より

さまざまな表情を織りなす雲がある空が

よりすきだ。

わたしには透き通るような青い空はまぶしすぎるのだろう。

人生もそうなんだと思う。毎日毎日コロコロと変わるココロ模様が織りなす日々のドラマに

実はココロ躍らせている躍らされている、というべきか。

いつもピカピカな笑顔の優等生より

ありのままのおもいで顔を曇らせたり頬に雨をつたわせたりする表情を

わたしなりに捉え感じつつ生きてきた。

 

花も たくさんの表情を見せるその過程に

魅せられココロ奪われる。

変化するのがすきなのだ。

 

だけどひとは変化を恐れる生き物だという。

変化 は 終わり を意味すると本能的に潜在的にしみついているらしい。

それは太古の時代

わたしたちにはどうしようもできない力に世界が支配されていた頃

ひとはあまりにも無力だったからだろう。

今もわたしたちにはどうしようもできない力に世界が支配されていることには

何の変りもない。現実に自然の猛威には太刀打ちできない。

ただひとが世界を自分たちで動かしていると勘違いしているだけだ。

変化を恐れるばかりに

自分たちの居心地のよい住処を守り拡大し続けてきた。自分たちのためだけに。
周りの変化を無視して。

そして現代では

成功とは変化すること。と言われて久しい。停滞こそ悪だ。とか 後退だとか。

そもそも成功とは何なのか。

わたしにはわからない。理解したくないのかもしれない。

強いて言うなら

俗にいう成功も失敗もものともせず

人生を楽しんでいること。だろうか。

成功とは失敗も含めてのこと。

成功も失敗も 変化によるものだから。

変化を恐れず 楽しむこと。  その変化とは 停滞をも含む。

だから

どっちだっていいってこと。

変化を好んでも恐れても

停滞を良しとしなくても 後退だとしても

それぞれのすきなことをそれぞれやればいいんだと思う。

その代り 他のやり方を否定しないこと。

どれでも大丈夫。なるようにしかならないから。

それも これも これでいいのだ。と誰もがココロから感じて生きていければ

LOVEな世界なんだけど。

 

たとえ今がどんな状況だとして

すべてはうまくいっているのだとすべてに感謝することができたら

次はギタ・ベリンが言うところ(下記参照)まで行けたらいいな。

なぜ 行けたらいいな。と控えめに言うかというと なにがなんでもではなく

そこにはいつのまにか行っているはずだから。

もし変化を望むなら、その変化が起こる前に、

あなたが変化そのものにならなくてはなりません。

 

 

 

 

 

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中